2013/03/23

なぜiPhoneなのか??



Appleが珍しく「らしくない」ページを作っている。
一神教のごとく自社製品を推しまくるAppleがわざわざ他社製品と比較するようなマネを。
いや、WWDCではCPUについて比較していましたっけ…。
なんにせよ、HP上でこんなことをするのは珍しいですね。

アップル - iPhone 5 - iPhoneか、その他大勢か。 http://www.apple.com/jp/iphone/why-iphone/
 SamsungからGalaxy S4が発表されてわりとすぐに米AppleのHPで公開されたページですが、この度日本の公式サイトにも登場した様です。

タイミングがタイミングだけに「AppleがSamsungに対抗している」とも言われています。

さて、そんなことはどうでもよくて、Appleがせっかく「なぜiPhoneなのか」と聞いてくれているので自分なりに考えてみました。

iPhoneを使いたくなる理由

・Appleというブランド
・無難なカメラ
 やっぱりスマートフォンのカメラ性能は大事ですよね。
・見た目的なクオリティの高いアプリが多い
 見た目って意外と使い続けるモチベーションに結構影響あると思います。
・タッチ操作の追随性が高い
・自社製品間の連携がスムーズ。iCloudを利用した各種自動同期はもはや快感。
・精度の高い音声入力
・アクセサリが多い
・iPhone4以降は平らなテーブル等の上では自立できる
 地味ーにいいですよね。

ついでだから別にiPhoneじゃなくてもいい理由も。主に対Android

・最近は十分高性能なスマートフォンが出揃っている
 カメラにも注力しているメーカーも多いですね。
・個性的な端末も多い
・フォルダ構造が見られる。弄れる。
 これすごい便利。
・クラウドサービスも多くあるので、AppleのiCloudはほぼ代替できる。
・インテントすごい便利。
・正直便利ならアプリの見た目なんて気にならない。ていうか好きになる!←

と、まぁこんな感じでしょうか?

でも実際に私がiPhoneを使ってる理由は↓↓
ついでに以下でいう「メイン」とは「メイン回線SIMが入っている」という意味です。

もともとは。

初めて買ったスマートフォンはiPhone3GSです。
当時のスマフォの中では一番ブラウジングにストレスが少ない機種でした。
で、購入。

それだけの理由。

その後。

私の手元にIS01やDesireHDといったAndroid端末がやってきます。
IS01はその個性に。DesireHDはその性能の高さに惹かれていきました。

それでもアプリのクオリティや細かなレスポンスの差異でAndroidも併用しつつメインはiPhoneでした。
一時期黒SIMでMMSが使えるようになったこともあってDesireHDがメインだった時期もありますが。

そしてこの頃から端末を色々漁るようになり、iPhoneの影は薄れていきました。
HTC One Xを購入してからはiPhoneなんて自宅に置きっぱなしのことも多々。

が、iPhoneが再び陽の目を浴びる日がやってきます。

HTC One XにJBがやってきました。

何故かその頃よりMMSの挙動がおかしくなり、受信できたりできなかったり。
本文の読込ができていてもソフトバンクのサーバー側にもメールがどんどん溜まっていったり。

で、仕方なくiPhoneにSIMを戻す。
WiMAXルーターとXi端末もあるしiPhoneは連絡専用端末扱いでいいや。
→現在に至る。

というわけで結局はMMSが問題なく使えるか否かという程度の理由。

しかし連絡用ケータイとしてのiPhoneは実に優秀です。
放置時の電池消耗が少ないですからね。


あ、一応お約束を言っておくと
わたくしiPhoneもAndroidもWindowsPhoneもぜーんぶ大大大スキです。
事実それぞれ持ってますし。

0 件のコメント:

コメントを投稿

意見・感想など!