2013/04/04

画面の割れたLumia620を自力修理してみた!動画あり

Lumia620が発売され速攻入手するも当日に落下→画面割れのコンボを発動させてしまい無残な姿になったLumia620を修理してみました。

修理中の模様はUstreamでも中継していましたが、幸いにも見てくださる方がいて大変楽しく修理を進めることができました!!

なお、修理の風景をYoutubeにもアップしておりますので、是非ご覧くださいませ↓


以下に大雑把なダイジェストを載せてみます。

準備するものを紹介するよ!
まずは壊れたLumia620!これがないと始まらないよね!



次はトルクスドライバー!
サイズはT5を用意。
なんとビットは18本セットで480円。(ホームセンターコーナンで購入)

裏蓋を外した所。
あとバッテリーとSIMトイレも取ります。

ネジは合計で6箇所。
外側4つと内側2つはネジの長さが違うから注意。

ネジを外すとまず下のパーツがポロっと取れます。

次になんか画面側からフィルムケーブル的なものをパチっと取ります。
(パチって取れます)
で、その後カメラがくっついている上側のパーツもポロっと取ります。
(ポロって取れます)

上側のパーツが取れたら、次は一番上についてる2つの小さなパーツも取ります。
この2つは両面テープの様なものでくっついているので外しにくいですが
ゆっくり丁寧に外していきましょう。

なお、左側(人差し指の左上にあるパーツ)のパーツは更に2つ(外側と内側)に分かれます。
もし外れてしまった場合は内側のパーツは四角く小さいので戻す時に向きを間違えない様注意です。

その次は側面の引っ掛けを外して行きます。
小さなマイナスドライバー的なものでカチャカチャと軽くこじ開けて行きます。
(私はデザインナイフを使っています)

カチャカチャ…

パカッ

液晶を外します。

交換用パーツ(タッチパネルとフロントフレーム)を取り出して

フロントフレームの両面には両面テープがついているので、向きに注意してタッチパネルと液晶をそれぞれくっつけます。

ペタッ

さて、パーツを組み立てていきますが、この時点でもう一つだけ両面テープを外します。
一番上に赤っぽいテープがあるのでそれを外します。

そしてどんどん分解時の逆順に組み立てます。



完成…!

電源投入ウウウウウ!

こいつ…動くぞ…!


というわけで、無事修理が完了しました!

購入から2ヶ月以上経ってしまいましたがこれからゆっくりLumia620を弄っていこうと思います!!

0 件のコメント:

コメントを投稿

意見・感想など!