2014/07/07

α7Sと一緒に京都にある糺の森へ行ってきました。

先日もののけ姫がTVで放送されていましたね。
残念ながら仕事をしていましたので少ししか見られませんでしたがシシ神の森は大変美しかったです。

ついでにシシ神の森、モデルは屋久島だそうです。
ぜひ行ってみたいと思い屋久島までの行き方を調べてみましたが私には一泊二日程度じゃ行けそうにありませんでした…。

そ こ で !

京都を代表する森の一つ。そして世界遺産でもある下鴨神社の境内にある糺の森へ行って参りました!
持ち物はα7SとSonnar T* FE 55mm F1.8 ZAのみ。全て手持ち撮影です。

ソニー デジタル一眼カメラ「α7S」ボディ ILCE-7S
ソニー
売り上げランキング: 27,707
到着時はすでに18時過ぎ。曇り空。森の中は薄暗く神秘的でした。

森へ入ると同時に大きな木が出迎えてくれました。
不思議と包容力のある優しい感じのする木でした。


α7Sは近年出ているデジカメの中では低画素寄りの1200万画素ですので
自然の撮影には不向きかと思いましたが
柔らかく、質感に溢れたリアルな写真を撮ることができました



陽が傾き始め、曇り空だったこともあり、とても優しい光が辺りを包み込んでいました。

途中、神社を見つけました。

河合神社。この日、複数の若い女性やカップルが参拝していました。
美麗神という言葉が気になり、調べてみると女性守護の信仰を集め、
美容や安産、育児などのご利益があるとのこと。なるほど、女性の参拝者が多いわけです。

更に進むと小川が流れていました。
すでにシーズンは終わってしまいましたが初夏には蛍も飛ぶそうです。ぜひ見てみたいですね。

日没の時刻が近づき、夕焼けが木の間から見えていました。



なんだか本当に白くて可愛らしい「こだま」が出てきそうです。




更に暗さは増し、より幻想的になる糺の森。

この辺りになるとISO感度は常時12800以上。


19時を回り、街灯が灯り始めた時刻。
この写真はISO:12800 SS:1/125で撮影。
α7Sはまだまだ暗くなっても頑張れそうでしたが
私の体力がここで尽きかけたため(夜勤明けでしたので…)やむなく帰路へ。

α7S、今回の様に薄暗い環境でもとても自然で、見たままを写せる素敵なカメラでした。
暗闇に強く、優れた高感度撮影ができるα7Sだからこそ成せる業でしょう。
暗闇に弱いカメラはどうしても暗くなるとノイズが多く乗り、色合いも現実とはかけ離れてしまいます。
「夜の質感」が(しかも手持ちで)撮れるカメラは中々無いのではないでしょうか。


ソニー デジタル一眼カメラ「α7S」ボディ ILCE-7S
ソニー
売り上げランキング: 27,707

SONY Eマウント交換レンズ Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
ソニー (2014-01-15)
売り上げランキング: 56,775

SONY Eマウント交換レンズ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
ソニー (2013-12-20)
売り上げランキング: 8,223

0 件のコメント:

コメントを投稿

意見・感想など!