2014/11/01

大人用キックボード!TOWN 9 EASYFOLDをゲッツ!



キックボードってK2社というスキー用品を販売している会社の登録商標だそうです。へー。
ついでに一般的にはキックスクーター(スケーター)と呼ぶそうですが、
日本じゃ圧倒的にキックボードって言っている気がしますね。一時期キックボードが流行ったせいかな。


そのキックボードが流行ってた当時、私は小学生ぐらいだったと思いますが実は全く欲しいと思いませんでした。
だって見るからに疲れそうだし。
実際、友人が購入していたので乗せて貰いましたが、やっぱりしんどい。
そしてスピードも出ないし振動も凄い。

そんな余り良い印象の無いキックボードでしたが、あれは乗っていたキックボードが私には合わなかったんだと思います。そう、私には。ええ、私には←


そんなわけで今回購入したのはTOWN9 EASYFOLDという、言わば「大人用キックボード」です。
でもこれ、さっき言ってたキックボードの印象をガラッと変えてくれました。


まずタイヤが大きい(直径200mm!)ことでスピードが出ますのでしっかり前に進みます。
さらにサスペンションがついているおかげか振動も想像していたより少なかったです。
それに本体がしっかりした作りなので安定して走ることが出来ます。

タイヤですがiPhone5sと手のひらで比較した写真がこちら↓

ただまぁ、疲れるのは疲れますね。ちょっとした運動気分。
走るよりかは楽に速く移動できますが、歩くよりかはしんどい、みたいな。
あ、あとタイヤが大きいので下り坂では結構スピードが出ちゃいます。
「手元にブレーキがあって良かったぁ」って下り坂に入ると思いますね。


上に挙げたメリット以外にも、
・折り畳めるので玄関に置いても余り邪魔扱いされない。
・電車に持ち込める。

といったメリットもあります。


が、しかしメリットもあればデメリットもあります。
・砂利道はちょっとだけ苦手
・段差は苦手(減速される)
・重い

といった感じ。
砂利道といっても一概には言えませんが、時々タイヤが滑るのか100%の力で走れない感じの砂利道があります。85%ぐらいの力になる。

あと重さは何気に5.9kgあります。
まぁスーツケースの様に転がして移動できるので余り困らないんですけど、階段なんかでは肩に担ぎますし、人によってはしんどいかもです。
ただ、あくまで個人的な感想で言えば私はそんなに辛くなかったです。本体のバランスがいいのか肩に担いでいてもそんなに疲れないんですよね。
あ、持ち運び用の紐は付属していました。

嫁(ちょっと力は弱い方かも)に持ってもらったところヒィヒィ言っていましたが(汗

そうそう、折りたたみは前方を踏み込むだけで簡単に折りたためるんですよね。これが結構便利。
ちょっと説明が苦手なので公式の動画を置いておきます↓




それからセキュリティ面ですが、折りたたんだTOWN9を開く用のボタンの付け根に穴があり、そこに南京錠等を通すことによって開かなくすることができます。
柵なんかに本体を通して鍵を掛ければほぼ完璧なロックになりますね。
まぁ自立もできますし、よくあるタイヤにつける鍵を付けても良いと思うんですが。


最後に…ブレーキも反射板も本体についていますが、ライトやベルはついておりませんので、町中では是非取り付けてから乗られることをお勧めします。
ベルは100均にも売っています。

あとライトですが私はこんなの↓使ってます。取り付けが楽で良かったです。
シリコン LED ライト 2個入
ALL-WAYS
売り上げランキング: 1,317


一家に一台ぐらいあると、なんだかんだ乗る機会も多そうです。



2015/8/1追記
お、専用ケースとのセット販売みっけ!単品でも売ってるみたいだしこれはありがたい。


ていうか本体のチタニウムカラーってなんだ!新色か!?こいつも滅茶苦茶かっこいいじゃないか!買い増したい!けど嫁に怒られそう…

0 件のコメント:

コメントを投稿

意見・感想など!